1



もう、
時間も、手間も、
材料費もかかったひと皿です(笑)

牛肉の煮込み料理となると、
家庭ではすね肉ですよね。

でも、ネットでも買えます。
フレンチやイタリアン食材を専門とするお店なら
大体、置いてあると思います。

ま、送料とかのことでもあるので、
私は色々なものをまとめて買っちゃうので
買う前に冷凍庫に空きを作るのと
買ったらなるべくすぐに使わないと、
冷凍庫が使えないから大変な事になる。

スイーツを作る時の作業のためにも
冷凍庫の空きは絶対に必要だから。


DSC_0064


塊のまま調理し、
お皿に盛るとき初めてカットしたのだけど、
ローストビーフじゃないけど、
断面の真ん中の部分が
ほんのりとピンク色で
とても美味しそうだったのに
そこの部分にソースをかけてしまったのと、
撮影準備のなどで時間をとってしまって
気がつくと色が変わっていた!

次は気を付けよう。
だって味見をして貰うわけじゃなく、
美味しさを伝える手段って
写真と文章しかないのだからね。

一番美味しさを語ってる瞬間を
写真に収めないと行けなかったのに
迂闊でした。

DSC_0025


使ったスパイスは
「レシピブログ×GABAN」コラボ企画

〝クリスマスはおうちで楽しもう!
スパイスが決め手のごちそうレシピ"
のモニター商品の中から
ローリエとカラフルペッパーを使いました。

今回のスパイスセットは本当によく使うものばかりで、
しかもこの時期に大活躍するスパイスですよね。
本当にさすが。

いつも思うのだけど、
ローリエはGABANさんのは色から、形から
他社のとは全然違う。

ローズマリーは庭で育ってるので生を使う機会が多くて
乾燥ものはあんまり買わないから
他社と比べようがないんだけど、
これも乾燥なのに緑の発色がよくて
使いながらもフレッシュな気持ちになりました。

香りもいい~♪
今回の料理には使わなかったけど、
別のものに使ったのでね。

チキンのハーブ焼きもとても気になるので
これを使ってみようと思ってます。

DSC_0049


ではレシピ行きますね。
作り始めて一気に仕上げる料理じゃないので
気がつくいつもより細かく過程の写真を撮っていて、
写真が多く複雑に見えるかもしれないけれど、
そんな事ないのでぜひ挑戦してみてくださいね。

 作り方(4人分)

牛ほほ肉500gは塊のまま冷水に浸して
血抜きする。
水が濁る前に水を新たらしく取り替える。
大体3回くらい。

3


②水気を拭き取った①の両面に軽く塩コショウをし、
最低限のサラダ油あるいは溶かした牛脂肪を敷き、
表面を強火で焼き色がつくまでソテーする。



③牛脂肪だと焦げやすいので焦げる前に②を取り出し、
煮込む鍋に入れておく。

4



④肉を取り出した②のフライパンに
大きめの微塵切りにした
玉ねぎ(大)1個、人参(中)1個、にんにく3かけを
弱火で炒める。



⑤④を③に加え、
1/3等分したセロリ1本分とくず野菜などがあれば
一緒に加える。

5


⑥鍋の深さや大きさにもよるが
赤ワインを肉がかぶるくらいまで注いで
ローリエ2本とフォン・ドヴォ1袋
を加えて
強めの中火にかける。


6


⑦沸騰したら弱火にし、
アクが浮いてきたらすぐに取り除きながら
煮込む。

※私はこういった煮込み料理など、
となりでアクを取り続けながらやる作業の時は
別の料理をからなず一緒に作るんだけど、
この日は煮物を作っていて
野菜に無駄が出るものは煮込みの鍋に
そのまま放り込んでます。

⑧更にアクを取りつづながら煮込んでいくと
水分が減るので減った分だけ水を足しながら煮込む。
常に肉が表面に出ないように気をつけながら
約3時間位煮込み、
蓋をして100℃のオーブンに入れて
2時間加熱し、そのまま冷ます。

冷めたら冷蔵庫の中に入れて
2日間寝かせ、味を染み込ませる。

7



⑨2日経ったら鍋の上面に白く固まってる脂肪を
丁寧に取り除く。


⑩肉は取り出してタッパなどに入れて
冷蔵庫の中に入れておく。

8


⑪鍋を再び弱火にかけ、アクを丁寧に取りながら
カサが半分くらい減るまで加熱する。

9


⑫⑪をざるにあける。
汁はとっておく。

10


⑬具は別の鍋にひたひたの水と一緒に火にかけ、
アクを取りながらカサが最初の半分位に減るまで
加熱する。

11


⑭鍋のままバーミクサーにかけ、こす。
残ったガスも捨てずにとっといて
カレーに使う。



⑮⑫の汁と⑭を合わせて弱火にかけ、
アクを取りながら加熱し、
下のカサの2/3くらいになるまで煮詰めて
こし、⑩のお肉の入ってるタッパに入れて
仕上げる時まで冷蔵庫の中に戻しておく。


《仕上げる》


⑯⑮の肉を200℃のオーブンに入れて
10分
、再び表面を焼いて香ばしさを出す。


⑰汁はフォン・ド・ヴォ1/2袋、赤ワイン100mlを加えて
フライパンに入れて火にかけて温めて、
オーブンから出した肉を加えて
肉に汁をかけながら弱火で煮詰めていく。

12



⑱肉は取り出し、残った汁が半分位まで煮詰めて
バター25gとカラフルペッパー少々、黒胡椒少々を加えて
乳化させて、ソースとする。

DSC_0069


カットして皿に盛り、ソースをかける。
もし、食卓に出す時にソースが冷めていたら
軽く温めてからかけること。

完成!

DSC_0105


付け合せは
林檎とクレソンのサラダを添えました。

DSC_0086


手間も、時間も、材料費もかかりますが、
仕上がった料理を食べてみると
納得。

当日に全部作業をする訳ではないので
それこそパーティー向きだよね。

煮込み料理を美味しく仕上げるコツは
アクが浮いてきたらすぐに取り除くこと。
まとめてやろうと
そのままに暫くしておくと、
肉や具にアクが浸透してしまい、
雑味が残りますから。

アク取りは丁寧に。
マメに。

クリスマス&年末年始の料理レシピ

クリスマス&年末年始の料理レシピ



2



☆ランキングに参加しています☆

お手数ですが、それぞれのバーナーをそれぞれ押して
応援のクリックを頂けるととても励みになります !

 にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村

 
人気ブログランキングへ
 


  cotta プレミアムメンバー


いつも何も言わず応援してくださる方、どうもありがとうございます!
おかげ様で、いつも上位を保てる事が出来、
明日も頑張るぞぉ~!という、パワーになってます