1



数あるお菓子やケーキの中でも
一度は作ってみたいというモノってありますよね。
オペラだとか、サントノーレだとか。
タルトタタンだとか。

DSC_0069 (995x1500)


私にとってはタルトタタンも
その内の一つだったのに今頃になってしまいました。
正確に言うと
今まで何度か作っていたんですが、
気に入った仕上がりまで持っていく前に
失敗してました。


どんな事もそうだけど、
失敗したままだとトラウマになり、
それを乗り越えると得意になっちゃうんだよね。

得意とまで言うのもなんですが、
とにかく
何度も失敗したから自然と
見分ける能力がついてきたと言うべきか。

DSC_0087 (1500x921)

りんごを焼いて平らなタルト生地に乗せて焼き、
ひっくり返るだけの単純作業なのに
なんでこうも上手くいかなかっただろうか。

シンプルは奥が深い、
でしたね。

今日のタルトタタンも実は大成功って訳じゃないんですよね。
この次だったら完璧にやれそう。(笑)
でももう、紅玉は終わってるし、
また来年ですね。

その1年の間忘れないように、
改善策をブログに残しておくのもいい手だね。

紅玉以外のりんごで作ってもいいけど、
やはり水分の量や組織が違ってくるから
熱の入れ方も当然変わるし、
酸味の違いから加える砂糖やシナモンの量にも関わってくるから。

DSC_0094 (978x1500)


今回使ったタルト生地はこちらです。
が、
これはダメだった。
米粉だけのタルト生地では
やはり分厚くて水分を含んでる焼きリンゴの層は
支えきれない。

いや、
これでうまくいくと最初から思ってた訳じゃないんですけどね。
実は、パーた・フォンセを作ったんだけどね、
それを冷蔵庫から出して
さ、やろうと思った時にちょこっと用事が出来て
すぐ戻ってくるつもりでそのままちょっと避けてておいたら
結局戻ってきたのが夕方になっちゃって
そのまま夕飯作りに突入し、
そのまま
忘れたー(^_^;)
そして
ずっと忘れた。(汗)

今日こそタルトタタンを、と思い、
一生懸命冷蔵庫の中を探して、
やっと、ハッとなったけどね。

ここで生地作りから始めればよかったんだけど、
回り道のように思えて
これでやっちゃえ!
となった訳です。

時には回り道が近道だったりするのよね。

DSC_0092 (1500x997)


なのでね、
パータ・フォンセのレシピと
タルトタタンのレシピを
それぞれにして載せました。

タルトタタンに関しては、
なるべくポイントを逃さないように詳しく書いてますし、
パータ・フォンセのレシピには
練り込みタルト生地の全てに使えるように
空焼きの方法も
なるべく詳しく載せてありますので
ぜひ見に行ってみてくださいね。


cotta recipe circle タルトタタン by kanako

cotta recipe circle パータ・フォンせ&タルトの空焼きレシピ by kanako


3



しっかり冷蔵庫の中で冷やしてから
切り分けてね。


2




☆ランキングに参加しています☆

お手数ですが、それぞれのバーナーをそれぞれ押して
応援のクリックを頂けるととても励みになります !

 にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村

 
人気ブログランキングへ
 


  cotta プレミアムメンバー


いつも何も言わず応援してくださる方、どうもありがとうございます!
おかげ様で、いつも上位を保てる事が出来、
明日も頑張るぞぉ~!という、パワーになってます